男性

リアップの発毛効果|副作用を事前に調べる

発毛育毛剤の効果と注意点

頭

発毛成分のある育毛剤

発毛成分として認められている医薬成分としてはミノキシジルがあります。ミノキシジルは1970年代にアメリカで経口の降圧剤として開発された成分ですが、その副作用に多毛症があることが確認され、その副作用を研究して発毛剤として1990年代半ばにはアメリカで発売されることになります。アメリカでの商品名はロゲインでしたが、その後、日本では1999年に大衆薬として大正製薬から商品名リアップとしてミノキシジルが含まれた薬用育毛剤が販売されています。リアップは医薬成分として発毛が認められているものであり、また薬局やドラッグストアで購入することが可能な育毛剤ですが、一方でAGA(男性型脱毛症)をはじめとした薄毛や脱毛症といった治療にも使われています。

使用上の注意

リアップは医薬成分として発毛効果が認められているものですが、同時に副作用に対するリスクも高いものとして知られます。リアップを使用していて最も大きい問題となるのが頭皮のかゆみです。これはミノキシジルによるものではなく基剤成分によるものとされており、アレルギー体質のある人や皮膚が弱い人に多く見られます。またリアップを使用することで頭皮の火照りを感じる人も多くいます。一方でミノキシジルの成分としての副作用としては、本来の降圧剤としての作用があり過剰に吸収された場合には血圧が下がるなどの可能性があります。ただし皮膚のアレルギー反応を除けばミノキシジルを使うことで発生するリスクは少なく用法用量を守っている限り発生するリスクはゼロに近いものといえます。

Copyright© 2016 リアップの発毛効果|副作用を事前に調べる All Rights Reserved.